実は男性のお客さんよりも対応が難しい?

キャバクラで働いていると9割以上のお客様は『男性』ですが、たまに女性のお客様が来店することもあります!
「上司と一緒に」「男友達と」「女性同士で」など、関係性はさまざまですが、それなりに働いているといつかは接客するタイミングが出てくることは間違いなし。
キャバ嬢の中には『男性の方が接客方法が変わらないから楽』という人もいれば、『女子会気分でワイワイお喋りできて楽しい!』という人もいるなど、対応の仕方は人によって違います。

では、実際お店に来る女性客を世の中のキャバ嬢はどう対応しているのでしょうか?
当ページでは、女性客に対する素朴な疑問を解決していきます♪

 

【その1】なぜ『女性客』は難しい!というイメージがあるのか

女性のお客さんは接客する機会が少ない
夜のお店・キャバクラは基本的に『男性客』がメイン。
女性客を接する機会はなかなかありませんよね。
話すタイミングが少ない分、いざ来店された時に「どうしたらいいんだろう!?」と困惑してしまって、結果「なんだか難しそう」という考えになってしまいがち。

 

ですが、一番気をつけてほしいのは『男性客も女性客も、同じお客様である』ということ。
下手に緊張せずに、いつもの通りおしゃべりでその場の雰囲気を盛り上げられればOKですよ♪

 

【その2】『お客様』である以上、接客方法に差はありません!

シンプルに会話を盛りあげればOK
男性だから・女性だからと、性別に応じて『やってはいけないこと』はなし☆
基本的な対応は「お酒をご提供して」「会話を盛り上げる」でOK◎

 

ほとんどのキャバ嬢でしたらどちらかというと『男性客より接しやすいかも』と思えるはず♪
なぜなら、男性客と違い「店外でデートしよう」「俺の彼女になってくれ」といった『下心のある誘い』がほとんどないからです!!
そのため、最初は初対面特有のぎこちない接客になるかもしれませんが、気がつけば友達のようにワイワイ盛り上がっている可能性もありますよ…♪

色恋営業しているキャバ嬢の場合、男性と違って密着したり思わせぶりな目線を向けたりといった『スキル』が使えないので、少しお仕事がしづらいかもしれませんね。
ですが、そこは女性客と踏ん切りをつけて『友達営業』のテクニックを磨くチャンスかも☆

女性客だからといって苦手意識を持たずに前向きに接客していくことで、自分の力やスキルを伸ばしていける絶好のタイミングなんです!

更新日:2018年09月01日

PAGE TOP